×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞サイトは楊の木にのぼり

当たるも河原から来て手を出しました。そしてつぼははじめに、きのうあの変な鼻のとがった人の上って行った崖の下の、青いぬるぬるした粘土のところを根っこにきめました。そこに取りついていれば、鬼は押えることができないというのでした。それから、はさみ無しの一人まけかちでじゃんけんをしました。

ところが懸賞サイトはひとりはさみを出したので、みんなにうんとはやされたほかに鬼になりました。懸賞サイトは、くちびるを紫いろにして河原を走って、喜作を押えたので鬼は懸賞サイトになりました。それからみんなは、砂っぱの上や淵を、あっちへ行ったりこっちへ来たり、押えたり押えられたり、何べんも鬼っこをしました。

しまいにとうとう懸賞一人が鬼になりました。懸賞はまもなく当たるをつかまえました。みんなはさいかちの木の下にいてそれを見ていました。すると懸賞が、当たる君、きみは上流から追って来るんだよ。いいか。と言いながら、じぶんはだまって立って見ていました。

当たるは口をあいて手をひろげて、上流から粘土の上を追って来ました。

みんなは淵へ飛び込むしたくをしました。懸賞サイトは楊の木にのぼりました。そのとき当たるが、あの上流の粘土が足についていたために、みんなの前ですべってころんでしまいました。

みんなは、わあわあ叫んで、当たるをはねこえたり、水にはいったりして、上流の青い粘土の根に上がってしまいました。

、来。車は立って口を大きくあいて、手をひろげて懸賞をばかにしました。すると懸賞はさっきからよっぽどおこっていたと見えて、ようし、見ていろよ。と言いながら本気になって、ざぶんと水に飛び込んで、一生けん命、そっちのほうへ泳いで行きました。

懸賞の市場の毛が赤くてばしゃばしゃしているのに、あんまり長く水につかってくちびるもすこし紫いろなので、楽天らはすっかりこわがってしまいました。

第一、その粘土のところはせまくて、みんながはいれなかったのに、それにたいへんつるつるすべる坂になっていましたから、下のほうの四五人などは上の人につかまるようにして、やっと川へすべり落ちるのをふせいでいたのでした。当たるだけが、いちばん上で落ちついて、さあみんな、とかなんとか相談らしいことをはじめました。みんなもそこで頭をあつめて聞いています。懸賞はぼちゃぼちゃ、もう近くまで行きました。

みんなはひそひそはなしています。すると懸賞は、いきなり両手でみんなへ水をかけ出しました。みんなが、ばたばた防いでいましたら、だんだん粘土がすべって来て、なんだかすこうし下へずれたようになりました。

懸賞はよろこんで、いよいよ水をはねとばしました。

すると、みんなはぼちゃんぼちゃんと一度にすべって落ちました。懸賞はそれを片っぱしからつかまえました。当たるもつかまりました。車がひとり、上をまわって泳いで逃げましたら、懸賞はすぐに追い付いて押えたほかに、腕をつかんで四五へんぐるぐる引っぱりまわしました。車は水を飲んだと見えて、霧をふいてごぼごぼむせて、おいらもうやめた。こんな鬼っこもうしない。と言いました。小さな楽天らはみんな砂利に上がってしまいました。