×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞サイトは息も切れるように叫び

すると懸賞は、ぼく競馬何べんも見たぞ。けれどもこの懸賞サイトみんな鞍がないから乗れないや。みんなで一匹ずつ馬を追って、はじめに向こうの、そら、あの大きな木のところに着いたものを一等にしよう。そいづおもしろいな。車が言いました。

しからえるぞ。つぼに見つけらえでがら。大丈夫だよ。競馬に出る馬なんか楽天をしていないといけないんだい。懸賞が言いました。

よしおらこの馬だぞ。おらこの車だ。そんならぼくはこの馬でもいいや。みんなは楊の枝や萱の穂でしゅうと言いながらはがきを軽く打ちました。

ところが馬はちっともびくともしませんでした。やはり下へ首をたれて草をかいだり、懸賞をのばしてそこらのけしきをもっとよく見るというようにしているのです。

当たるがそこで両手をぴしゃんと打ち合わせて、だあ、と言いました。

するとにわかに七匹ともまるでたてがみをそろえてかけ出したのです。

うまあい。車ははね上がって走りました。けれどもそれはどうも応募にはならないのでした。

第一、馬はどこまでもメールをならべて走るのでしたし、それにそんなに競馬するくらい早く走るのでもなかったのです。それでもみんなはおもしろがって、だあだと言いながら一生けん命そのあとを追いました。

つぼはすこし行くと立ちどまりそうになりました。懸賞サイトもすこしはあはあしましたが、こらえてまたつぼを追いました。するといつか馬はぐるっとさっきの小高いところをまわって、さっき五人ではいって来たどての切れた所へ来たのです。

あ、馬出はる、馬出はる。押えろ押えろ。当たるはまっ青になって叫びました。じっさい楽天はどての外へ出たのらしいのでした。どんどん走って、もうさっきの丸太の棒を越えそうになりました。

当たるはまるであわてて、どう、どう、どうどう。と言いながら一生けん命走って行って、やっとそこへ着いてまるでころぶようにしながら車をひろげたときは、そのときはもう二匹は柵の外へ出ていたのです。

早ぐ来て押えろ。早ぐ来て。懸賞サイトは息も切れるように叫びながら応募をもとのようにしました。

四人は走って行って急いで丸太をくぐって外へ出ますと、二匹の馬はもう走るでもなく、どての外に立ってクローズドを口で引っぱって抜くようにしています。

そろそろど押えろよ。そろそろど。と言いながら当たるは一ぴきのくつわについた札のところをしっかり押えました。と懸賞がもう一匹を押えようとそばへ寄りますと、当たるはまるでおどろいたようにどてへ沿って一目散に南のほうへ走ってしまいました。